ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

新着情報

不動産投資家のうさんくさい誘い文句

不動産投資家が、自らのブランディングを目的としてセミナーやSNS上できらびやかな生活を披露しながら不動産投資を誘う場合がありますが、その誘い文句についての問題を指摘している記事が公開されています。

2019.9.19|コラム

>

住宅ローン金利 長期固定で0.6%台も

住宅ローン金利の全期間固定型が、変動型の金利とほぼ同じ水準まで低下してきました。借入金額の占める割合が80%以内の場合等諸条件はありますが、全期間固定型で0.67%という商品まで存在します。

2019.9.11|不動産投資ニュース

>

東京急行電鉄が社名を変更し、不動産を中核にした新生「東急」に

東京急行電鉄は、母体で田園調布などの開発に携わった「田園都市株式会社」の設立から101周年の2日に合わせて社名を改めました。鉄道事業は、会社分割方式で新設の100%子会社「東急電鉄」に10月1日付で移すことから事実上不動産に特化した事業持ち株会社となります。

2019.9.4|不動産投資ニュース

>

アマゾンが動いた米国不動産業界 日本参入の可能性もあり

アマゾンは不動産業界を大きく変える事業を始めました。この消費者と不動産業者双方へ利益をもたらしてくれる事業モデルは、不動産購入者、不動産エージェントの双方を囲い込む可能性があります。

2019.8.30|コラム

>

投資用アパート販売のTATERUが大赤字で社員3割超が早期退職

東証一部上場企業のTATERUの売上高は前年同期比で約62%減の約142億円、営業損失は約65億円、当期純損失は約89億円の大赤字に転落したとのことです。通期売上高予想は前期比75%減の約194億円、当期純損失は約106億円の見込みとのことです。

2019.8.26|不動産投資ニュース

>

レオパレス 施工不良問題がさらに拡大の見込み

レオパレス21によると、全3万9085棟の物件を対象に不備の有無について全体の8割弱の物件で調査を終えた結果、不備が見つかった物件数は2万2139棟(7月末時点)に拡大したとのことです。

2019.8.9|不動産投資ニュース

>

弊社インタビュー記事「業界の不動産テック戦略」(週刊ビル経営)

週刊ビル経営の特集『業界の不動産テック戦略 大手・中小それぞれの戦略に迫る』に、弊社のインタビュー記事が掲載されています。新技術・サービスで不動産テックを推進する側と、旧態依然の不動産業界側とでは、不動産テックを語る内容は大きく変わります。

2019.8.6|現場の話

>

過熱した不動産投資の代償

TATERU、スルガ銀行、レオパレス21、大和ハウス工業と、新規融資が付かずに苦戦するサラリーマン個人投資家を巡り、「不動産 過熱の代償」という題での連載がされています。

2019.7.26|不動産投資ニュース

>

今からの『不動産投資』は慎重にしたほうがいい

不動産価格の高騰、相次ぐ不動産・建設会社の不正、金融機関の融資引締め等の要因により、不動産投資で成功することは容易ではなくなっています。そういった中、不動産投資を慎重にするべき理由についてとても分かりやすい記事がありました。

2019.7.16|コラム

>

WeWork運営会社 30億~40億ドルの社債発行を検討中か

「WeWork」運営会社が、新規株式公開(IPO)前に巨額の社債発行を検討中との報道がなされています。今後数年で100億ドル規模の社債発行による資金調達を狙っており、IPOより社債発行による調達額が上回る可能性にも言及されているようです。

2019.7.12|不動産投資ニュース

>