ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

スルガ銀行が「かぼちゃの馬車」運営会社と結託し不適切な融資審査を行った疑い

2018.4.13|不動産投資ニュース

全国に約1000棟、オーナーが約700人いる女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」運営会社が経営破綻した問題について、融資していた銀行が不適切な融資審査を行った疑いがあることから、金融庁が今月内にも立ち入り検査を行う方針のようです。

 

スルガ銀 金融庁が立ち入りへ シェアハウス破綻巡り

女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社が経営破綻した問題で、金融庁は12日、大半の物件所有者に購入資金を融資していたスルガ銀行(静岡県沼津市)に対して月内にも立ち入り検査を行う方針を固めた。不適切な融資が被害を拡大させた可能性が高いと判断した模様だ。

(中略)

かぼちゃの馬車の物件は全国に1000棟近くあり、所有者は約700人に上る。関係者によると、スマートデイズは購入者にスルガ銀の横浜市内の支店で融資を受けるように勧めていた。融資審査では預金残高が改ざんされた通帳のコピーが使われた例も多かったという。

金融庁は3月、スルガ銀に銀行法に基づく報告徴求命令を出し、実態把握を進めてきた。スルガ銀の支店担当者がスマートデイズ側と結託し、不適切な融資審査を行った疑いがあるとみている。

本件については、以前、

シェアハウス不動産投資で数億円の借金

2億円を借金して不動産投資をした女性が、「もうおしまい。死ぬしかないかもしれない」と親に相談した記事が公開されています。多くの先人が、安易な不動産投資は危険だと言い続けているにも関わらず「私だけは大丈夫」と人は思ってしまうものです。自己責任と言えなくもないないですが、実はそうでもないようです。

ということを記載しましたが、金融機関(スルガ銀行)側も結託して問題に加担した可能性があります。

最近、我が国の最高学府出身の官僚の方々や、超大手企業の担当者ですら、

ゆがんだ不動産取引 8億円ディスカウントや36億円相当の無償提供 共に公文書書き換えか?

森友学園問題では、3月の自殺者は2人目であり、もう一人行方不明者になっていた財務省女性職員は自殺未遂との情報も流布されています。「どうせしっぽ切りでしょ」とか「よくある問題でしょ」とおっしゃる方も多々いらっしゃるかもしれませんが、「しっぽ切り」になるかどうかは国民の言動も無関係ではありませんよね。ここにきて、加計問題でも公文書書き換え疑惑が生じています。


「日本の大企業は一体どうやって『手抜きごまかし』や『嘘インチキ』の状況に至ったのか」という記事

日本の大企業は一体どうやって「手抜きごまかし」や「嘘インチキ」の状況に至ったのかという記事が中国メディアから公開されています。私たち不動産建設業界でも、横浜市の分譲マンション問題等、大企業の不正問題が発覚しています。

という状況ですので、はびこる不正に麻痺しているのかあまり驚きがありません。

 

以下にスルガ銀行を、金融庁長官がべた褒めしていたという記事が公開されています。

森友問題の財務省の公文書書き換えは、かつての大蔵省の解体につながった「ノーパンしゃぶしゃぶ事件(大蔵省接待汚職)」以上の大問題に発展する可能性がありますが、当時、下記の金融庁長官も処分対象となっていたようです。

森金融庁長官、「詐欺の片棒」批判受けるスルガ銀行を絶賛→信用凋落…財務事務次官就任説も

このスルガ銀行を“べた褒め”していたのは、森長官その人だった。森長官は、黒田東彦・日銀総裁が進めるマイナス金利政策のなかで、一貫して「個々の地銀が創意工夫して、既存のビジネスモデルではない、新たなビジネスモデルをつくり上げることが重要だ」と力説してきた。


金融庁・森長官が廃止 「ノーパンしゃぶしゃぶ局」の黒歴史

実は森長官も、この事件に関わっていた。当時大蔵省にいた森氏は事件の際、検査部ではなかったものの銀行から供応接待を受けたとして戒告処分を食らっていた。


ノーパンしゃぶしゃぶ事件で112人が処分された末の教訓

「当時の大蔵省幹部は、遊びは派手で銀行接待にもズブズブだったが、自信満々で政治家にズバズバものを言う官僚が多かった。今の福田次官や佐川氏は接待に溺れた先輩たちの姿を見ているから、その反省から真面目ではあるが、天下国家を論じるより、政治家の顔色を気にする役人としては小粒なタイプばかりになった。国会提出文書にしても、都合が悪い部分は黒塗りにして出せばいい。これまではそうしてきた。リスク管理が身上だった財務官僚が、文書を偽造するという杜撰な方法を取ったことは今も信じられない」

多くの人に影響を与える金融機関や大手企業、行政を司る方には特に襟をただして、まともな仕事をしてもらいたいものです。

いずれにせよ、かぼちゃの馬車事件で破綻に加担した可能性が高い金融機関(スルガ銀行だけ?)の調査結果を待ちましょう。

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ