ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

上場地銀80社の約7割が中間決算で減益

2018.11.16|不動産投資ニュース

上場している地方銀行80社の7割が9月の中間決算で減益とのことです。赤字はスルガ銀行のみでした。

上場地銀の7割が減益・赤字 マイナス金利で本業低迷

東京証券取引所などに上場する地方銀行80社の2018年9月中間決算が15日まとまった。日銀のマイナス金利政策で本業である貸し出し利ざや縮小が続き、全体の約7割に当たる55社が減益となり、スルガ銀行(静岡県沼津市)1社が赤字となった。スルガの不正発覚で不動産向け融資の抑制を余儀なくされたことも響き、減益社数は前年同期の約6割から拡大。純利益の合計は前年同期比11・8%減の4793億円だった。

 

赤字なのは

900億円赤字のスルガ銀、遠い再生への道のり

半年で預金6700億円が流出、見えぬ支援先

スルガ銀行は11月14日、2018年4~9月期の最終損益が985億円の赤字に陥ったと発表した。2019年3月期の通期についても、従来計画の250億円の黒字から975億円の赤字へと大幅に見通しを引き下げた。中間配当は見送り、期末配当も「未定」としている

スルガ銀行のみとなります。

 

高額な不動産融資には地銀に限らずメガバンクも積極的

まだ地銀の利益はそれなりにありますので、突然倒産なんてことはないと思います。そして、不動産の不正が連日ニュースで流れていても、不動産融資は大きな金利収益や提携保険手数料を稼ぐことができる魅力的な業務なので、積極的に大きい不動産融資案件を探しているのも事実です。

メガバンクも同様で、担当者が、資産背景が優れた中小企業に足を運び、不動産業者以上に営業をしているようです。中小企業側も、創業者から次の代への事業継承や、資産替え等、規模の大きな不動産投資へのニーズが継続してあるので、どちらにとっても良い状況なのですが、銀行にやられてしまうと私たち不動産業者の出る幕がなくなってしまうので、それはそれで困ったものです。

私たちも一度に数十億円単位の不動産融資が行われるような案件に実際にいくつか携わっています。メガバンク・地銀が入り乱れた、高額な不動産融資が行われるような不動産投資案件の争奪戦は続きそうです。

 

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ