ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

「スペースマーケット」東京建物など38社と連携し空きスペースのシェアリングサービス向上を目指す

2019.12.6|不動産投資ニュース

様々なスペースを時間単位で貸し借りできる「スペースマーケット」は、「スペースマーケット・パートナーズ」と呼ぶ枠組みで東京建物や京浜急行電鉄、パナソニック等38社と連携する取り組みを始めたとのことです。この枠組みを1年後に100社まで広げることを目指しているとのことです。

 

スペースマーケット、東京建物など38社と連携

この枠組みを「スペースマーケット・パートナーズ」と呼び、1年後に100社まで広げることを目指す。パートナーには東京建物のような不動産会社のほか、住宅改修のリノベる(東京・渋谷)、清掃代行を手掛けるビースタイル、酒類販売のカクヤス(東京・北)などが参加している。

マンション施設などにある遊休不動産をスペースマーケットのサイトから貸し出せるようになるほか、物件のリフォームをパートナーの企業に依頼しやすくなる。部屋や会議室を貸し出した後に清掃サービスを使うなど、連携を通じてスペースマーケットの利用者に対してのサービスを拡充する。

カクヤスとの連携では、スペースマーケットでパーティー会場を借りた利用者が酒類の配達も頼めるようにすることを目指す。パナソニックとは、スペースマーケットで貸し出す部屋に同社の家電を置いてもらうことなどで連携する。製品を使ってもらって購入につなげる狙いがあるほか、パナソニックの営業担当者が部屋を家電実演に使えるようになる。

 

スペースマーケットは、有名な予備校講師の「林修先生」等の文化人も多いワタナベエンターテインメントに所属するタレントさんを忘年会や新年会等のパーティにお呼びできるといった非日常体験を実現できるように、既にエンタメ界にも事業展開しています。

スペースマーケットがワタナベエンターテインメントと資本業務提携、エンタメでスペースシェアの体験向上へ

さまざまなスペースを1時間単位で貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を展開するスペースマーケットは11月13日、ワタナベエンターテインメントと資本業務提携を締結したことを明らかにした。

スペースシェアとエンタメを組み合わせることでレンタルスペースの利用体験を向上させ、さらなる事業拡大へ繋げていくことが提携の狙い。ワタナベエンターテインメントに所属するタレントとのコラボレーションも進めていく計画だ。

実は弊社も先月11月からスペースシェア事業を開始し、同社のサービスを利用しております。

SHARE SPACE SLASH / スラッシュ
https://slash.gallery

別の特集で取材していただいた際にオープンしたての多目的スペースをご覧頂いた結果、『週刊ビル経営』の一面記事の一部に、弊社の新規事業について匿名ですが(笑)掲載されておりました。

スペースマーケットや、弊社の置看板をご覧になって、近隣の方々が直接弊社にお越しになるなど、思いがけない形でコミュニケーションをさせて頂き始めておりまして、これまでとは異なった新しい風が弊社に吹き始めております。

所在地や設備等一定の質的条件をクリアする必要はあるとは思いますが、意外にも需要が多いというのが率直な感想です。

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ