ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

自社投資|不動産競売|渋谷区代官山2LDKのマンション

2014.8.22|コンサル・投資実績

2009年3月に不動産競売物件で落札した代官山のマンションをご紹介致します。

results_daikanyama01

競売入札直前までその不動産が一般市場で(決して高い価格ではなく、どちらかというと多少割安で)売られていたのですが、任意売却が成立せず、その価格よりさらに20%以上安い価格で落札できました。

入札価格の設定は慎重に算出しました。転売が比較的容易に行えるエリアということや、既にこのエリアの客を持っている業者が強めの価格を入れてくることも考えられたからです。

入札者数は20名を超え、しかも2番手の方とは数十万円の差でしたので、激戦区の中でぎりぎり落札できた事例の一つとなりました。都内でも1、2を争う人気エリアなので、僅差の差で落札できたことは嬉しい限りです。

事前に権利関係を確認した感じでは、問題が起こるような物件でもなかったので、占有者からの明渡しもスムーズに行なうことができ、物件明渡し後に販促をかけた結果、即購入希望者が即見つかったので、お譲り致しました。やはり人気エリアは強いです。

もともとの物件の状態が良く、購入者様がご自身でリフォームを行いたいとのことでしたので、クリーニングのみで売却できたことも幸いでした。

results_daikanyama02

新しい入居者様に引渡後、新居の撮影を許可していただけたので、ご紹介します。
2LDKのマンションでしたが、購入者さまが2人住まいということもあり、開閉可能な間仕切りを全開にして1LDKとしてお使いになっていました。

人気エリアであれば競争率も高く、価格もそれなりに落ちついてきます。不動産競売といえど、一般市場と同等の価格で取引されていることも少なくありません。区分マンションなどは多数所有しなければ資産運用としてはあまり利点がないので、今回は転売目的で入札を行いました。エリアを考えず、価格が安いからといって購入するのではなく、出口が確実(見つかりやすい)で、利益をソコソコに設定しておけば、手離れの良い人気エリアの物件は投資対象としてはベストなのかもしれません。