ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

一大転機を逃さなかった中国不動産デベロッパー最大手会長

2016.1.15|不動産投資ニュース

20160115

戦後初めて日経平均が年初から6営業日続落しました。そういった経済状況においても、中国不動産デベロッパー最大手グループはハリウッドの映画会社を約4000億円で買収し、同社の王健林会長はロンドンにある約136億円の家屋を現金で購入したそうです。

中国の不動産大手、ハリウッドのスタジオ買収へ

中国の不動産大手、大連万達集団は12日、米国の映画会社レジェンダリー・エンターテインメントを35億ドル(約4000億円)で買収すると発表した。北京で記者会見を開き発表した。この買収については今月初めから噂されていた。

大連万達集団は2012年には米国の大手映画館チェーン、AMCエンターテインメントを買収しており、映画館運営会社としては世界最大。

急成長を続ける大連万達集団の王健林会長は、中国の長者番付1位の大富豪。数年前からハリウッドの映画会社買収を希望していた。


 

世界に攻勢掛ける中国不動産最大手会長 英で136億円邸宅購入

中国の不動産デベロッパー最大手で、シネマコンプレックスなども手掛ける万達グループの総帥、王健林会長がロンドンの最高級住宅街にある大邸宅を8000万ポンド(約136億円)で購入したことが分かった。しかも、キャッシュ払いだったという。英BBC放送が報じた。

王氏が購入した物件はロンドンのケンジントン・プレース・ガーデン地区にあり、近隣には英人気サッカーチーム「チェルシー」のオーナーやロシア人ビジネスマンの富豪の大邸宅のほか、ノルウェー大使館がある。

王氏が購入したのは19世紀初頭からのビクトリアン建築(1837~1901年)の重厚な家屋だ。

万達グループは現在、ロンドン中心部で、建設総額7億ポンド(約1190億円)もの最高級高層ホテルの建設プロジェクトを推進しており、この大邸宅は王氏がロンドンで指揮を執ったり、英国の知名人らを接遇するなどの一大拠点になるとみられる。

王健林会長は、当初からの資産家ではなかったようです。

人生を大きく変えた出来事は何だったのでしょうか。

アジア1の大富豪・王健林氏 巨万の富を築いた一大転機

そこで、王に大きな転機が訪れる。西崗区内の老朽化した国有アパートが払い下げになり、その赤字を補填すれば、アパートの経営権を手にすることができるという情報をいち早く入手。軍隊時代の仲間から資金を募り、不動産経営に乗り出したのだ。

王は1989年、西崗区住宅開発会社の総経理(社長)に就任し、アパートを取り壊して高級マンションを建設。会社も大連万達集団と改組し、いまも同グループは王のビジネスの中核となっている。

これを皮切りに、王はビジネスを拡大し、2002年に吉林省長春市にグループで最初のショッピングモールを建設。同グループのホームページによると、それ以来、中国全土で109か所の大規模ショッピングモールをてがけ、69の五つ星ホテルを含む71軒のホテルを建設、計6600のスクリーンを持つ複合型映画館(シネマコンプレックス)や99軒のデパートを完成させた。

人生の大きな転機は、小さな情報を大切にしたことから始まったようですね。

小さいことに忠実な人が、何気ない小さな情報を人生のビックチャンスと捉えて、大成功を収めた事例は他にもあります。

不動産会社の経営者が、ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオールなど60以上のブランドを抱える高級ブランドの世界最大手、仏モエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)のCEOに大躍進できた大きなきっかけは、タクシーの運転手との何気ない会話でした。

LVMH、不動産会社がなぜブランド帝国に? 

面白い逸話がある。

70年代、初めてニューヨークを訪れたアルノー氏がタクシーに乗ったときのできごとだ。

「ねえ、フランスについて何か知っているかい?」。アルノー氏が興味本位で運転手に尋ねてみると、運転手はこう答えたという。

「フランスだって? 大統領の名前さえ知らないよ。ただ、クリスチャン・ディオールという名前だけは聞いたことがあるな……」

この経験から、アルノー氏はひそかにファッションビジネスに興味を持つようになったそうだ。クリスチャン・ディオールを買収したアルノー氏はフランスに帰国し、高級ブランドを買収し続ける。ルイ・ヴィトン、ロエベ、セリーヌ、ジバンシィ、ケンゾー、ゲラン、フェンディ……。買収を繰り返し、巨大なブランド帝国を築き上げた。

たった一度の人生において何回か訪れるビックチャンス、中小企業の経営者にとっては、千載一遇の不動産投資のチャンスや、新事業分野への進出などが挙げられます。

 

それにしても、中国の暴落中心に、世界的な株安が止まりません。

今年2016年は、大変革の年になりそうです。

ビックチャンスに遭遇する可能性がありえます。

一方、気を引き締めていないと想定外のトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

今日もしっかりと目を覚ましていたいものですね。

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ