ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

マイナス金利&円高株安は不動産投資家にとって追い風

2016.2.16|不動産投資ニュース

20160216

日本銀行によるマイナス金利により、不動産業界が一段と注目されています。貸し出す先に困った金融業界が、不動産市場に多額の融資マネーを投下するのではないかと目されているからです。その結果、不動産市場はバブルを迎えるのではないか、という記事が公開されています。

 

マイナス金利導入 不動産市場はバブルを迎えるか
日本銀行がマイナス金利の導入を発表した。世界経済への大きなインパクトも期待されるところだが、今後、特に注目したいのが不動産業界だ。欧州ではマイナス金利導入に伴って国債の長期金利も低下する動きがみられた。日本でも導入後すでに過去最低水準を更新している。

長期金利は住宅ローン金利の指標とされるため、ローンの金利も同様に下がることが予想される。すでに新生銀行は住宅ローン金利の一部を最大で年0.10%引き下げると発表し、メガバンクなども引き下げを検討しているという。カブ知恵代表の藤井英敏氏が今後の不動産市場を予測する。

「住宅ローン金利の引き下げで消費者の購買や投資意欲が湧き、不動産市場はこれから“バブル”を迎えるかもしれません。金利が下がることで資材調達などのコストが下がり、供給側にもメリットが大きい。マイナス金利により需給両サイドの相乗効果が見込まれる」

 

当面は、住宅ローンに恩恵が大きいでしょう。

円高株安が急速に進む中、比較的安定した利回りを得ることができる可能性がある不動産業界に、数多くの投資家が注目することは不思議なことではありません。

マイナス金利祭りで狙うべき銘柄 不動産やインバウンド
マイナス金利の導入で不動産市場が活性化される可能性を説く金融関係者は少なくない。この「マイナス金利祭り」ともいえる状況で儲けるために、投資のプロたちはすでに買いを入れている。この機に狙うべき銘柄とその理由を解説する。

株の投資先として、不動産業界が注目されるのは当然のことです。

しかし、

東京株、1万5000円割れ=世界経済懸念で760円安-3日連続の大幅下落
12日の東京株式市場は、世界経済の先行きを懸念して全面安となった。日経平均株価の終値は前営業日比760円78銭安の1万4952円61銭と、3営業日続けて大幅に下落。2014年10月21日以来、ほぼ1年4カ月ぶりに1万5000円台を割り込んだ。円安・株高を追い風にデフレ脱却を目指してきた安倍政権の経済政策「アベノミクス」は重大な岐路に立たされた。

という状況下、今後不動産業界の株が全体的に上がるとは考えにくいです。

 

 

マイナス金利&金融不安&円高株安は不動産投資家にとって追い風

株よりも、不動産の現物に投資する企業や投資家が増えていくと思います。

多額の賃料を払ってオフィスを借りている企業や財務内容の良い投資家は、空前の低金利による好条件の融資を受けて、希少価値のビルや土地に投資出来るだけの大きなチャンスが到来します。

リーマンショック後のような世界的な経済不安の状況では、魅力的な物件に、驚くような安い価格で購入できる可能性が高まるものです。

 

先日記載した以下の記事

マイナス金利は不動産投資家にメリット大

私見ですが、このマイナス金利政策により上記記事内で記載されている

「不動産業界にコストの安い資金がなだれ込む」

というような極端な影響が不動産業界にあるとは思いません。

かつての不動産バブルで破綻の経験がある金融業界が、本来貸し出すことのできない方にまで無理に貸し出すような無謀なことはしないでしょう。

ただし、地道に信用力とキャッシュを蓄えることに努めてきた不動産投資家にとっては、マイナス金利政策により、長期の融資期間や低金利等、今までにない好条件で不動産投資を実現出来るチャンスがあります。


 現状はリーマンショックを思わせる

よほどの幸運がないと、昨今までのように不動産価格が上昇傾向にある時期は、資産価値の高い不動産を割安(格安)で購入することは困難です。
ところが、金融業界の動向と密接な関係にある不動産価格は、今後下落傾向になってきます。
安易な投資を控えつつ体力を蓄えることに注力してきた不動産投資家にとっては、千載一遇の不動産投資のチャンスが到来する可能性が大きいです。

で記載しました通り、地道に信用力とキャッシュを蓄えることに努めてきた不動産投資家にとって、マイナス金利&金融不安&円高株安は追い風です。

 

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ