ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

儲かる? 海外不動産投資は罠が多い

2016.6.27|不動産投資ニュース

20160627

高利回りのキャッチコピーで、海外不動産投資を始める方もいると思います。日本の不動産投資ですら成功するのが困難なのに、アウェーの海外で不動産投資が成功できるのでしょうか。

 

◆中間業者が廃業し、解約に高額の手数料

――藤田健二郎さん(仮名・67歳)/無職/資産目減り ▲400万円

 4年前、日本発着の「香港口座開設ツアー」に参加し、現地在住の日本人業者に勧められるまま中国系のファンドに投資した藤田さん。

マレーシアの不動産投資の大損事例です。

マレーシアの不動産投資で500万円の大損【資産フライトに踊らされた人のその後】

4年ほど前に流行した「資産フライト」を覚えているだろうか? アベノミクスによる円安や規制強化で今や見る影もない。ブームに踊らされた人たちのその後を追いかけ、租税回避をめぐる包囲網の実態をリポート!

日本での不動産投資と同様、この手の話は失敗事例があまり伝わりません。その理由の一つとしては、不動産投資に失敗すると、致命的な大損を被るため、とても他人に報告できる状況ではないためです。

海外不動産投資をすることは自己責任です。上手な不動産投資を実現できる人もいます。

海外不動産投資をお考えの場合、過信せずに、日本の不動産投資以上に注意に注意を重ねてくださいね!

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ