ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

不動産大手企業6社が運営する不動産売却ポータルサイト

2016.10.12|不動産投資ニュース

20161012

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットの6社が参加する不動産売却ポータルサイトが開設されました。

 

不動産売却、ネットだけで完結は困難」 不動産大手6社が専門ポータルサイト

ポータルサイトは「すまいValue」。小田急不動産のほか、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネット──の6社が参加する。6社へ一括で売却提案を依頼できる機能を備えるほか、不動産売却に関連したコンテンツを掲載していく。

「すまいValue」を見てみましょう。

すまいValue

すまいValueは不動産業界をリードする6社が運営する不動産売却ポータルサイトです。

大手だから実現する3つのポイントをご紹介します。

不動産に対する正しい知識と経験を持つ専門家により、きめ細かなサービスを売主さんに提供する事を重視しているようです。

その上で、ネット活用のメリットである一括売却提案を、比較的信頼できる大手不動産企業へ依頼できるという機能を備えて、他のネット系ポータルサイトと差別化を図るのでしょう。

多くの一般的な方は、強面の街の不動産業者(弊社は違いますよ笑)に相談するよりは、こう言ったポータルサイトにとりあえず相談したいですよね。

ますます中小企業の不動産業者は、こう言った大手不動産企業に対してどう差別化を図るかについての経営判断に迫られます。

一方、お客様側の視点に立てば、こう言った便利なポータルサイトにとりあえず査定をお願いできるメリットは多いです。

大手不動産企業といえども担当者次第という部分も大きいですが、玉石混交の不動産業者よりは、まともな方が多いかなと思います。

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ