ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

出世を争うように不動産投資して失敗続出

2016.11.15|不動産投資ニュース

20161115

銀行や不動産屋の甘い言葉に乗せられ、不動産投資で多額の損失を被る方が続出しているという記事が公開されています。残念ですが、そういった方々が存在するのも事実です。

 

大損する人続出中!マンション投資と優雅な「大家ライフ」の落とし穴

優雅な「大家ライフ」と真逆の、不動産投資の落とし穴について説明している

銀行や不動産屋の甘い言葉に乗せられ、大きな損を出す人が続出

地方の医者などで、首が回らなくなったという人が多いと識者は語っている

昨年より相続税が引き上げられたことに加えて、マイナス金利の影響もあって、不動産投資を始める人が増えている。だが、そこには優雅な「大家ライフ」とは真逆の苦労が待ち構えている。 (中略) 業者の手口も巧妙です。新築の購入と運用で一時的に税金が返ってきて喜んでいるところを狙って、もう一軒買いませんかと持ちかけて来る。最初の購入での持ち出し感の薄さと税金が返ってきた嬉しさで、ついつい買ってしまう。

(中略)

素人は新築という言葉に騙されがちだが、不動産投資の鉄則は新築を避けることだ。

「まず新築は中古に比べて3割くらい高い。しかし、最初の2~3年は税金が多めに戻ってくるので、持ち出しが少ないような錯覚にとらわれるのです。不動産事業自体がマイナスになっても損益通算があるので、なんとなく儲かっているような気になってしまう。

業者の手口も巧妙です。新築の購入と運用で一時的に税金が返ってきて喜んでいるところを狙って、もう一軒買いませんかと持ちかけて来る。最初の購入での持ち出し感の薄さと税金が返ってきた嬉しさで、ついつい買ってしまう。

まさに不動産投資業界の実態を言い表しています。とても残念なことです。

ところで、お医者さんが騙されて失敗しやすいように記事内では記載されています。それも確かな事実だとは思いますが、その失敗を「謙遜になるためのトゲ」的に高い授業料と捉えて、その後の不動産投資の成功の原動力にできるのもお医者さんだったりします。

ところが、一般的なサラリーマン投資家はそうはいきません。

 

この記事内で、専門家はさらに以下のように述べているのですが、それも事実です。

ほとんど詐欺のようなやり方だが、素人だとこのような悪辣な手口にひっかかることも十分に考えられる。

そもそも人口減の時代を迎え、経済成長も期待できない日本において不動産に投資すること自体が大きなリスクを伴う。人口と不動産価格には長期的に見て絶対的な相関関係があるからだ。

不動産投資のリスクについて公表しているのは、不動産業者だけでなく志の高い個人投資家の方も多いです。

ところが、まるでそれらの貴重な声をかき消すがごとく、大々的に、あるいは継続的に上記のような不動産投資を勧める広告宣伝が行われているのが現状です。

 

「頭金ゼロの不動産投資」は罠! アベノミクスと日銀が生んだバブルは必ずはじける

頭金ゼロでウン億円の不動産資産を作ろう――このところ、こんなキャッチコピーで、アパート経営などの不動産投資を勧める広告宣伝をよく目にする。

(中略)

はっきり言おう。今の不動産市場の活況は、アベノミクスと日銀の金融緩和が生んだバブルだ。

人口減少が進むなか、いつまでも不動産価格が上がり続けるはずがない。全国の空き家数は約800万戸にも上るが、冷静に考えれば、賃貸アパートのニーズは将来的に小さくなるはず。

なのに、日本人の不動産投資熱は衰えない。マイナス金利が実需なき不動産投資を呼び起こし、節税目的で賃貸住宅を建設する個人への融資も増えている。その結果、すでにアパートがだぶつき始める地域も出てきた。

心配なのは30代、40代の若い大家だ。銀行が「頭金ゼロ」の融資に踏み切った結果、資産を持たない人々がアパートのオーナーになってしまっている。

不動産バブルがはじけて、想定していた家賃収入が入らなければ、ローン返済はおぼつかない。物件を売却して返済しようとしても、不動産価格が下落すれば完済は難しい。どう転んでも大きな借金を抱え込まざるをえず、最悪、自己破産だ。

「カモ」になるのは、いかにも騙されやすい人ばかりではありません

本来ならば無謀なことをしそうにないご聡明な方や人生経験豊富な方が、客観的になれば出来るような冷静な判断をせずに、驚くような不動産投資の失敗をしてしまう場合があります。

冷静な判断を狂わせるのは、分不相応な欲得、不必要なプライドが挙げられます。

それらが発生する原因の一つは、他人との比較や他人への妬みではないでしょうか。

まるで出世を争うがごとく、不動産投資を始めたり、投資物件を増やしては墓穴を掘る人もいます。もう少し時間をかけて、じっくりと人生設計を構築することで、冷静で聡明な判断を下していただきたいと願います。

 

「お金持ちは他人に無関心」:ニューヨーク大学の調査結果より

私たちは不動産投資を業としていますので、危険な不動産投資を避けるためのあれこれをブログで記載したりすることで、少しでも他の方や社会に貢献できることを念頭において過ごしています。

一方で、

金持ちは「他人に無関心」 グーグルグラス使用の調査で判明

研究を実施したニューヨーク大学のチームは、「個人の財力によって安定が保証された人々は、他人を報酬や脅威と関連づけて捉えにくく、注意を払わなくなる」と指摘する。

他人との比較をやめて、体力や気力の消耗を避けることは、意外な効果を生むように思いますよ。

ウォーレン・バフェット氏の「右腕&投資参謀」と呼ばれる、チャーリー・マンガー氏の金言を忘れないようにしましょう。

優れた投資家とは? ウォーレン・バフェットの右腕&投資参謀 チャーリー・マンガー

「頭が良くて勤勉な人でも、仕事をしていくうちに、うぬぼれという名の落とし穴に落ちないとは限りません。彼らは概して、自分には人より優れた才能と手法があると過信し、自ら困難な航海に出て結局は座礁するのです」

同『投資参謀マンガー』416頁より)


ねたみが十戒の中でも重要な、人間の特に顕著な性質であることを考えると、かなりの成功を収めたとき、私たちはねたみによる悪影響を回避しなければなりません。アリストテレスによれば、ねたみを避ける最良の方法は、手に入れる成功に見合うだけのものを生み出すことです。

同『投資参謀マンガー』565頁より)

他人に負けないようにと頑張ることで、成長へのエネルギーが生じることは否定しません。その範囲を逸脱した「うぬぼれ」はもちろんのことで、「ねたみ」を持ったり、持たれることは、思わぬところで足元をすくわれる大きな要因になるものですね。

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ