ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

コラム

怪しい話を惑わす美しいプレゼンテーション

世界的企業はパワーポイントを禁止しているところが多いです。素晴らしいツールですが、作成者・閲覧者双方が思考を深めることになっていないという弊害も指摘されています。少し考えれば危険性が分かるような怪しい不動産セミナーで失敗に陥る方が後を絶たないのは、こういった点にも問題があるのかもしれません。

2018.05.18|コラム

>

ビル賃貸はコスト削減より、従業員への投資へ(第59回ビル経営サミット in 東京)

4月26日、東京日本橋にて「ビル経営サミットin 東京」が開催されました。日頃取材でお世話になっており、1年前にはパネリストとして登壇させてもらったので、今回も参加させていただきました。世間の「働き方改革」の流れもあり、ビルを借りる企業側の意識が「ビル賃貸はコスト削減より、従業員への投資」へと変化しているとの事です。

2018.04.27|コラム

>

オフィス需要が将来5割減? ビル経営の構造変化。

働き方改革、ワークライフバランス、リモートワーク、巨大シェアオフィスなど働く環境の変化により、今後のビル経営に変化がでてきています。

2018.04.10|コラム

>

本、セミナー、家賃保証は疑え

不動産投資に関する書籍やセミナー、家賃保証の話を疑わない人たちが詐欺まがいの商法に嵌り、人生を台無しにしています。本来、自分が支払う必要のない借金を押し付けられ、その返済に窮して人生を台無しにしている人たちの多くは「マジメ」な人なのではないかと、堀江貴文氏も述べています。  

2018.03.29|コラム

>

注目される「不動産三田会」慶應義塾大学出身の不動産業界関係者が集う会

不動産取引は「情報の質と速さが命」と言われる中、慶應義塾大学出身の人的・情報ネットワークの一つである不動産三田会の活動が注目されているようです。毎月定例会が催され、「ここだけの情報」がやりとりされていることも。

2018.03.16|コラム

>

変わってきている不動産業界@文春オンライン

「文春砲」で知られている「文春オンライン」に、不動産業界、不動産投資に関する面白い記事が2つ掲載されていました。賛否両論あるとは思いますが、的を得ている部分も多いです。

2018.03.09|コラム

>

不動産投資と『ガチョウと黄金の卵のお話』の共通点

「金の卵を産むガチョウを見つけた農夫がいて、卵を売ることで金持ちになった」というイソップ寓話と、不動産投資の共通点についての記事が公開されていました。不動産投資物件を売却することを検討している方には、参考になると思いますよ。

2018.01.19|コラム

>

「日本の大企業は一体どうやって『手抜きごまかし』や『嘘インチキ』の状況に至ったのか」という記事

日本の大企業は一体どうやって「手抜きごまかし」や「嘘インチキ」の状況に至ったのかという記事が中国メディアから公開されています。私たち不動産建設業界でも、横浜市の分譲マンション問題等、大企業の不正問題が発覚しています。

2017.12.01|コラム

>

Jリート運用会社の戦略は転換期 海外不動産投資に目を向けるか

『週刊ビル経営10月9日号』に、Jリートが海外マネー大量流入により物件購入が困難な状況が続くという記事が掲載されていました。期待利回りを下回った物件を無理に購入する必要はないものの、投資家に対する成長戦略をアピールする必要があるJリートにとっては物件が購入ができないことは問題です。

2017.10.13|コラム

>

「不動産バブル崩壊」についての賛否両論

湾岸タワーマンション中心に、近い将来価格が大暴落し、不動産バブルが崩壊するという記事と、北朝鮮有事や世界的な経済・金融危機、大規模な災害等が発生しないことを前提に、そういったことは嘘であるという記事が公開されています。

2017.09.22|コラム

>