ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

コラム

着実に不動産投資で成功する道を歩み始める方法

不動産投資は融資が厳しくなった一棟物から、融資が承認されやすい区分マンションへと流れているようです。「TATERU」のような東証一部上場企業であっても不正をする時代です。怪しい業者に騙されず、不動産投資を成功させるためにはどうすればいいのでしょうか。

2018.09.11|コラム

>

やる気が世界最下位クラスの会社員が不動産投資を始めてもね

日本の会社員のやる気は世界最下位クラスらしいです。本業に期待できないからといって副業で不動産投資を始める方もいますが、今一度考え直してみることも重要です。

2018.09.07|コラム

>

不動産投資に失敗する大きな理由の一つ

不動産投資に失敗する要因の一つに、先人の話を聞かないことが挙げられます。不動産投資の失敗で破産や一家離散してしまうことも多いので、実はリアルな事例は世の中に伝聞されることが少ないのでしょう。

2018.08.03|コラム

>

投資物件の外壁タイル落下したら

ビルの外壁タイルが剥がれ落ちて通行人に直撃。不動産投資した所有者にとっては、空室率や設備の問題よりも大問題です。

2018.06.22|コラム

>

危険なお金の使い方「高額な住宅ローン」

危険なお金の使い方で多いのが収入に見合わない住宅ローンとのことです。借金は決してダメなことではありませんが、身の丈に合っているかどうかが問題です。これは一棟物への不動産投資についても同様です。度を過ぎた見栄や欲望から破滅が始まります。

2018.06.15|コラム

>

不動産投資家が「ワンルームを買ってはいけない」理由

ワンルームマンションへの不動産投資は多くの人が失敗します。特に、新築ワンルーム投資は、業界インサイダーから見れば「あり得ない」のですが、お医者さんなどの優秀な方が買ってしまうのです。

2018.06.12|コラム

>

かぼちゃの馬車問題で考える「騙された原因」

シェアハウス「かぼちゃの馬車」事件で、中堅サラリーマン、看護師、元プロスポーツ選手等、多くの方々が借金に苦しんでいるようです。事の本質は事業者側も投資家側も「サブリース」事業に対する甘えがあったと指摘している記事を見てみることにします。

2018.06.05|コラム

>

怪しい話を惑わす美しいプレゼンテーション

世界的企業はパワーポイントを禁止しているところが多いです。素晴らしいツールですが、作成者・閲覧者双方が思考を深めることになっていないという弊害も指摘されています。少し考えれば危険性が分かるような怪しい不動産セミナーで失敗に陥る方が後を絶たないのは、こういった点にも問題があるのかもしれません。

2018.05.18|コラム

>

ビル賃貸はコスト削減より、従業員への投資へ(第59回ビル経営サミット in 東京)

4月26日、東京日本橋にて「ビル経営サミットin 東京」が開催されました。日頃取材でお世話になっており、1年前にはパネリストとして登壇させてもらったので、今回も参加させていただきました。世間の「働き方改革」の流れもあり、ビルを借りる企業側の意識が「ビル賃貸はコスト削減より、従業員への投資」へと変化しているとの事です。

2018.04.27|コラム

>

オフィス需要が将来5割減? ビル経営の構造変化。

働き方改革、ワークライフバランス、リモートワーク、巨大シェアオフィスなど働く環境の変化により、今後のビル経営に変化がでてきています。

2018.04.10|コラム

>