ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

コラム

圧縮記帳の経理処理 物件を売却して多額の譲渡益が発生した場合

不動産の売却時に多額の譲渡益が発生した場合、高額な税金を負担することになります。その場合、特定資産の買換えの圧縮記帳の適用を受けることを検討する場合があります。

2016.09.30|コラム

>

「怪しげな商売といえば、不動産と証券」 by 麻生太郎

麻生太郎副総理による証券・不動産業界に関するコメントが報道されています。主に昔話的なコメントのようですが、現代の不動産業界にも残念なことに当てはまると思います。不動産屋が怪しく感じる理由の記事についても、併せて見てみることにしましょう。

2016.09.08|コラム

>

「不動産投資って全くおいしくない。不動産投資セミナーに人が集まるのが不思議」by ホリエモン

堀江貴文さんのブログにて、不動産投資についての記事が掲載されています。ストレートな表現で不動産投資についての本質をついている記事です。

2016.08.18|コラム

>

不動産業者は「消費者軽視で利益優先の風潮」

不動産相談を受けた不動産業者が、消費者を軽視し、自らの利益を優先する風潮があるという記事が掲載されています。不動産取引にまつわる詐欺事例や、現実とかけ離れているマンション広告を行う不動産業者についての記事も見てみることにしましょう。

2016.07.22|コラム

>

お金持ちになるには? バークシャー・ハサウェイの株主総会より

今年もウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイの株主総会が、同社の本拠地である米国ネブラスカ州オマハで行われました。

2016.05.11|コラム

>

不動産投資で見落としがちな税金とマイナンバーの影響

不動産投資をした結果、差し押さえになった人の原因の一つは多額の税金が挙げられます。無理な節税対策はお勧め出来ません。しかし税金に対して無知であってもいけません。副業として不動産投資を行っている人は、マイナンバー制度が勤務先との関係に大きな影響を及ぼす場合があります。

2016.03.30|コラム

>

何のための不動産投資か?

不動産投資を始める代表的な目的は脱サラやお金儲けだと思いますが、投資後に行き過ぎた浪費等のため、大変な状況に陥る方がかなりいます。自制心を失わない為にも、何の為の不動産投資&お金儲けかについて、バフェット氏から学んでみましょう。

2016.03.01|コラム

>

芸能人の不動産投資の失敗事例

芸能人が不動産投資で成功している事例がある一方で、多額の借金を背負った失敗事例もあります。現在人気絶頂の方々や「歌う不動産王」の不動産投資の失敗事例です。

2016.02.09|コラム

>

「もったいない」の落とし穴。相続した不動産を使ったアパ・マン経営で借金苦!

相続税対策のためにアパート・マンション経営に手を出して借金苦に陥る例については、このブログで度々記載してきました。2016年は、相続した不動産で不動産投資を始めて多額の借金で苦しんでいる事例の記事からスタートします。相続は生活に潤いを見せる反面、落とし穴にはまると大変なことになります。

2016.01.05|コラム

>

書評「ゼロから始める不動産投資 ー 未来に富をもたらす資産運用の極意 」

出版社からの依頼を受けて、書評を掲載させていただきます。不労所得で脱サラすることを目的として、安易に不動産投資を開始することを推奨するような書籍・ブログとは一線を画す書でした。

2015.12.22|コラム

>