ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

コラム

リスク認識が不十分なまま不動産投資で悩んでいる話

老夫婦が相続税対策を目的として不動産投資をして苦労している番組が報道されました。その話題に関する記事が公開されています。参考になる人も多いのと思いましたので紹介させていただきます。  

2015.07.15|コラム

>

悪徳商法のターゲットになる「アパマン経営」

相続税対策のために賃貸アパート・マンション一棟を新築するという、通称「アパマン経営」者は、昔からとても多いです。 度々その危険性について書いていますが、今回はちょっと厳しい口調で「アパマン経営」の危険性を指摘している記事についてご紹介します。一括借り上げ契約や物件の質、管理についてなど悪徳商法の実態を指摘しています。

2015.06.12|コラム

>

相続対策の不動産投資に潜むリスク

各地で不動産を活用した節税対策セミナーが開催されています。そのセミナーの延長で、安易に不動産投資を開始してしまい、かえって生活を圧迫することにならないよう気をつけましょう。今回は、相続対策の不動産投資にまつわるリスクについて見てみることにしましょう。  

2015.05.15|コラム

>

変わる常識。中小企業に求められる不動産投資とは?

幼児の時から学習塾に通い、高学歴を目指す人がいる一方で、自らの腕で稼ぐ人がどんどん増加しています。日本教育制度上で生まれた大卒が決して高学歴とは言えない今、ライフスタイルの常識が変革しつつあります。このような大変革の時代において、中小企業に求められる必要な変革を実現する不動産投資とはどういったものでしょうか。

2015.05.01|コラム

>

戸建ては不動産投資の対象にならないのか?

アメリカ等欧米では中古の一戸建を購入後、住みながらDIYでリフォームをし、購入価格より高く売却している人が結構います。一方、日本では中古住宅は盛り上がらず、新築住宅を好む傾向にあります。よく聞く理由は、日本人は新しい物が好きだから。本当にそうでしょうか? そして、日本の家は不動産投資の対象になりにくいのでしょうか?  

2015.03.09|コラム

>

相続税対策・老後の資金作りの為の不動産投資の注意点

「不動産で不労所得 数百万円!」とか、「不動産収入 数千万円!」という派手目なキャッチフレーズで、不動産投資を宣伝するウェブサイトに時々出会います。今回は不動産投資を開始する上で注意すべきことについて確認します。

2015.02.10|コラム

>

公務員が不動産投資や太陽光売電。副業・規則違反で問題にならないか確認

公務員には、国家公務員法103条・地方公務員法38条により職務専念義務が課せられています。ついては、原則として副業が禁止されていると言われています。しかし、相続で不動産の所有者になってしまい、賃料収入を得てしまう場合もあります。中には、後ろめたい気持ちを持ちながら不動産投資をしている公務員もいるようです。

2015.01.21|コラム

>

不労所得の夢を叶えるには決意が必要

不動産に投資をして、不労所得で生活ができるようになった後に感じることは何でしょうか。サラリーマンの夢を叶えた野口真人氏の例を見てみることにしましょう。

2014.12.16|コラム

>

優れた投資家とは? ウォーレン・バフェットの右腕&投資参謀 チャーリー・マンガー

チャーリー・マンガー氏は、「ウォーレン・バフェットを世界一の投資家にした男」「非凡なる戦術家であり企業経営の魔術師」と呼ばれ、不動産にも精通し、バフェット氏の投資パートナーとして巨万の富を得ている投資家です。バフェット氏が師と認めるマンガー氏は、どうすれば優れた投資家になれると述べているでしょうか?

2014.11.14|コラム

>

ウォーレン・バフェットの不動産投資から学ぶこと

世界有数の資産家ウォーレン・バフェット氏とのランチオークションは、今年は2億円強で落札されました。そんな著名なバフェット氏も数は少ないですが不動産投資をしています。バフェット氏の企業への投資は超一級品ですが、不動産に関してはどうでしょうか。

2014.11.11|コラム

>