ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

不動産投資ニュース

住宅ローン、長期間の低金利で固定型より変動型が人気

長引く低金利により、固定金利で住宅ローンを借りる人が急減しているようです。ネット系銀行の住宅ローン金利は変動型で0.4%を切り始めています。

2020.01.10|不動産投資ニュース

>

シェアオフィス事業有力会社 景気悪化に備え転貸借から大家との共同事業に転換

WeWorkは、高額な価格で世界各地の不動産を借り増し続けて資金繰りに窮したため、ソフトバンクの救済を受けることになりました。シェアオフィス事業運営会社は不動産所有者から一旦借り上げて転貸借する形式から、景気が悪化した場合に備えて割高な長期賃貸物件のリース費用を負担し続けずに済む大家との共同事業的な形に転換しています。

2019.12.27|不動産投資ニュース

>

「スペースマーケット」東京建物など38社と連携し空きスペースのシェアリングサービス向上を目指す

様々なスペースを時間単位で貸し借りできる「スペースマーケット」は、「スペースマーケット・パートナーズ」と呼ぶ枠組みで東京建物や京浜急行電鉄、パナソニック等38社と連携する取り組みを始めたとのことです。この枠組みを1年後に100社まで広げることを目指しているとのことです。

2019.12.06|不動産投資ニュース

>

大阪・梅田に地域最大級の複合商業施設「LINKS UMEDA」がまもなくオープン

駅前一等地に大型店を造るビジネスモデルを確立したヨドバシホールディングスは複合商業施設「LINKS UMEDA」を今週末の16日に開業します。集客数が年間約5,000万人といわれるヨドバシカメラマルチメディア梅田と全フロアでつなげたことで日本最大級の複合商業施設となります。

2019.11.14|不動産投資ニュース

>

中国のWeWork「Ucommune」米国でIPOへ手続き中!?

「URWork」ブランド名でWeWorkと商標権をめぐる争いをし、後に社名を変更したUcommune社が、アメリカでIPOを目指しているとの記事が、少々驚きをもって報道されています。現在37ヶ国・200ヶ所にコワーキングスペースを設置したとのことです。以前はこの2社が世界各地で衝突することが予想されていました。

2019.11.01|不動産投資ニュース

>

楽天「半歩先の不動産テック」で不動産購入申込み可能 ポイントも付与

「楽天市場」で住宅や投資用不動産等の購入申込みが可能になりました。期間限定で物件の引き渡し後にポイントも付与されるとのことです。物件数は多くはありませんが、楽天市場で不動産を販売したい会社が今後増加する可能性があります。一般の人や不動産業者にその仕組みがわかりやすい「半歩先の不動産テック」として、今後の動向が注目されます。

2019.10.23|不動産投資ニュース

>

星野リゾートが8施設の運営開始を発表

星野リゾートが成長を加速しているようです。沖縄やハワイのオアフ島等、新規とリニューアル合わせて8施設の運営を近くスタートすると発表しました。国の重要文化財の「奈良の監獄」プロジェクト等差別化した事業を成長させることができる展開の背景には、自ら組成したREITの存在があるようです。

2019.10.15|不動産投資ニュース

>

WeWorkショックは不動産テックベンチャーの沈静化に

ソフトバンクが後押ししてきたWeWork の経営者とその一族の辞任や、IPO(株式上場)の一旦撤回について連日報道されています。We社が近い将来資金調達できなければ、同社にビルを一括貸し等している所有者への家賃滞納も懸念されます。今のペースで支出を続けた場合、早ければ来春に資金不足に陥る見通しのようです。

2019.10.02|不動産投資ニュース

>

住宅ローン金利 長期固定で0.6%台も

住宅ローン金利の全期間固定型が、変動型の金利とほぼ同じ水準まで低下してきました。借入金額の占める割合が80%以内の場合等諸条件はありますが、全期間固定型で0.67%という商品まで存在します。

2019.09.11|不動産投資ニュース

>

東京急行電鉄が社名を変更し、不動産を中核にした新生「東急」に

東京急行電鉄は、母体で田園調布などの開発に携わった「田園都市株式会社」の設立から101周年の2日に合わせて社名を改めました。鉄道事業は、会社分割方式で新設の100%子会社「東急電鉄」に10月1日付で移すことから事実上不動産に特化した事業持ち株会社となります。

2019.09.04|不動産投資ニュース

>