ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

不動産投資ニュース

外国人投資家による東京都心マンション買いあさりの末路

円安で割安感を抱いている外国人投資家による、東京都心のマンション購入が盛んです。こういった外国人投資家によって、いわば買いあさられているエリアのマンションと、そうでないエリアとでは二極化してきています。その末路とは。。。

2015.08.11|不動産投資ニュース

>

マンションより一戸建てが割安に

東京都心のマンション価格は、あまりにも高くなりすぎています。そのため、マンションより一戸建てのほうが割安になるという現象が都心で発生しています。

2015.08.07|不動産投資ニュース

>

2015年上半期、世界の不動産投資額 前年同期比9%増の3,330億ドル

総合不動産サービス大手のJLLグループによると、2015年上半期の世界の商業用不動産投資額は、確報ベースで前年同期比9%増の3,330億ドルとのことです。先月15日の速報値(前年同期比3%増の3,150億ドル)を上回る結果になりました。

2015.08.04|不動産投資ニュース

>

ヤフー&ソニーの提携で「不動産流通革命」は起きる?

ヤフーとソニーは不動産事業で提携を発表しました。不動産取引の透明性に関する問題が指摘されている中、提携した両社が発表の席で用いた刺激的なキャッチフレーズ「不動産流通革命」について、本気度を問う記事が掲載されていました。

2015.07.31|不動産投資ニュース

>

J-REIT業界の成長は頭打ち? 漂う閉塞感

J-REIT業界では閉塞感が漂い始めています。J-REIT業界における最大手グループの一つ、野村グループ内でのREIT合併の記事などを見てみたいと思います。

2015.07.27|不動産投資ニュース

>

過熱する不動産投資市場に警戒感 潮目が変わるか?

日経不動産マーケット情報は、独自に収集した売買事例を基に分析レポートを掲載しています。2015年8月号のレポートでは、第2四半期(4月~6月)は取引件数、東証REIT指数ともに前四半期を大きく下回る結果となりました。過熱感のある不動産投資市場に異変が発生しているのでしょうか?

2015.07.21|不動産投資ニュース

>

世界の不動産投資額、前年同期比3%増の3,150億ドル

総合不動産サービス大手のJLLグループは、2015年上半期の世界の商業用不動産投資額の速報値を公表しました。世界の商業用不動産投資額は、速報ベースで前年同期比3%増の3,150億ドル、日本は前年同期比6%減の193億ドル(ただし円建てでは10%増の2兆3,100億円)となりました。

2015.07.17|不動産投資ニュース

>

ヤフーとソニー 不動産事業で提携し「不動産流通革命」を目指す

「不動産流通革命」という刺激的なキャッチフレーズのもと、日本の中古住宅の流通革命を起こそうとしているようです。日本の不動産取引を、世界で最も洗練されたものにするというような意気込みが伝わってきます。

2015.07.10|不動産投資ニュース

>

リスクオフの同時発生でマネーが大逆流するインパクト

「リスクオフ」という言葉があります。簡単に言えば、株式等のリスク商品への投資から、国債等のリスクが比較的少ない投資へと移行するというような意味です。もちろん配当は減りますが、リスクも減ることになります。ギリシャのみならず、ウクライナ、中国、そして米国の利上げ予測が絡み合った場合に発生する金融市場の大混乱に対して、不動産投資家に与えるインパクトは何でしょうか。

2015.07.07|不動産投資ニュース

>

億ション完売。路線価が大都市圏で上昇

国税庁は1日、平成27年度の路線価を公表しました。国内外の富裕層や海外投資家等による活発な不動産投資が、ますます東京都心など大都市圏の地価を上昇させている構図が浮かび上がっています。

2015.07.03|不動産投資ニュース

>