ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

不動産投資ニュース

盛況な不動産投資の一方でGDP下振れ、実質消費支出の減少率は8年ぶりの大きさ

行き場を失った巨額の投資マネーが流れ込んでいる不動産投資業界はバブル化しています。その陰で、16日に発表された2014年10~12月期のGDP(国内総生産)の一次速報は民間エコノミストの予想を大きく下回りました。労働者の賃金総額の伸び率も前年より減っています。実質消費支出の減少率も大きいことがデータで示されました。日銀の政策次第では、空前の低金利が終わりを告げる日が到来します。

2015.02.17|不動産投資ニュース

>

120年ぶり民法改正「敷金は原則返還」不動産投資や管理業務に相当影響あり

民法が1896年以来120年ぶりの改正に向けてカウントダウンとなりました。これまで年間1万件以上の相談があると言われる敷金に関する定義が明記され、原則的に賃貸借契約が終了すれば、敷金は全額返還が基本になりそうです。マンション・アパート等賃貸住宅への投資家や管理会社は相当影響を受けそうです。

2015.02.13|不動産投資ニュース

>

不動産取引7年ぶりに5兆円台!バブルの恩恵は一部 アベノミクスはどこへ?

高額な不動産取引が行われ続ける今、不動産を高額で売却できた投資家中心にバブルの恩恵を受けています。一方、先日来日したトマ・ピケティ氏が「不平等が拡大」と警鐘を鳴らしています。アベノミクスを支える思想と呼ばれていた「トリクルダウン理論」についても、「トリクルダウンでなく、経済の好循環目指す」と安倍首相は言い始めています。

2015.02.06|不動産投資ニュース

>

借り換え必至!住宅ローン10年固定や不動産投資ローン金利0%台

空前の低金利で住宅ローン金利が一段と下がっています。間違いなくローンの借り換えをした方が良いのですが、実際にはローンの借り換えに消極的な人の方が多いという調査結果も出ています。借り換えする際の注意点やメリットなどについて確認してみましょう。

2015.02.02|不動産投資ニュース

>

朝鮮総連立ち退き回避か? 朝鮮総連中央本部ビルのその後 

朝鮮総連中央本部の土地建物を約22億円で落札したマルナカホールディングス(以下「マルナカHD」)が、山形県酒田市の会社に40億円前後で物件を転売し、朝鮮総連の立ち退きが回避されるのではという報道がありました。

2015.01.27|不動産投資ニュース

>

過熱!Jリートに投資リスク増 平均分配金利回り2%台、不動産取得額は対前年比3割減

2014年の世界の商業用不動産投資額は、リーマンショック前のピーク(2007年)の取引額9割まで回復してきたとのことです。2014年第4四半期の投資額は、第4四半期のみの投資額としては史上最大です。一方Jリートの2014年は、前年と比べ不動産取得額は 3割減となったとのこと。平均分配金利回りはついに2%台に突入。時価総額が今年11兆円を超えそうな勢いのJリート、本当に大丈夫?

2015.01.16|不動産投資ニュース

>

海外企業による日本への不動産投資が国内の取引の約2割、1兆円に迫る 

世界的な金融緩和で溢れる投資マネーと円安の影響で、海外投資家が次々に東京を中心とした不動産を高額で購入しています。自国通貨からみたら日本の不動産は割安に感じるでしょう。海外企業による日本国内の不動産取得額は1兆円に迫り、日本国内の不動産取引の約2割を占めたと報道されました。

2015.01.13|不動産投資ニュース

>

東北復興2015年 大規模な仙台駅東口再開発が進行中も、東日本大震災からの復興は道半ば

2015年は仙台駅東口再開発が大々的に進む仙台の情報からスタートします。特に沿岸部が未曽有の大震災に見舞われた宮城県の中で、大震災前から計画されていた仙台駅東口の大規模再開発プロジェクトが進行中です。第3回国連防災世界会議が今年3月14日~18日仙台で開催されることもあり、大震災からの復興の現状と併せて確認してみましょう。

2015.01.06|不動産投資ニュース

>

2015年不動産投資業界はどうなる? 過去最低金利、低利回り、相続税対策

長期金利の指標となる満期10年の国債の流通利回りが過去最低まで下落しました。投資用不動産価格は高騰し、利回りは一段と低下しています。そんな中、相続税増税が来年1月1日に迫ってきました。投資?節税?静観?どうしますか?

2014.12.29|不動産投資ニュース

>

太陽光バブルの崩壊と不動産投資

高額な買取が保証されると言われ太陽光発電用に不動産投資をした方は、「全量買い取り太陽光バブル」の崩壊は死活問題です。各地で悲鳴や怒号が飛び交っています。資産を全て売却して太陽光発電投資をしたいとまでおっしゃる中小企業経営者もいらっしゃいましたが、本当に大丈夫でしょうか?

2014.12.24|不動産投資ニュース

>