ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

現場の話

中国視察:上海・江蘇省・湖北省(武漢)・湖南省

今の中国を一言で表現するならば、田中角栄の「日本列島改造論」です。「中国各地を高速鉄道で結び、各地の工業化を促進するとともに、クリーンエネルギーへシフトを図り、過疎・過密・公害問題を同時に解決する」。そんな現実を見に中国視察に向かいました。

2017.08.22|現場の話

>

中国に日本の高い品質管理や最新技術を提供する

弊社ビルのテナントでもあり、協力会社でもある株式会社TechCommunicationsが中心となり、十数名の中国在住の建設業関係の中国人経営者等をお連れして大和ハウス工業様の総合技術研究所(奈良県)等を視察してきました。

2017.07.21|現場の話

>

弊社ビルのテナントである中国人経営者と共同取材『週刊ビル経営7月10日号』

お世話になっている週刊ビル経営様に、弊社ビルのテナントである中国人経営者と共に取材をしてもらいました。「不動産経営の未来」というテーマで、かつてのバブルが生み、負債になりつつある立体駐車場を再生できるソリューションの話です。いわば「資産の復活」です。

2017.07.11|現場の話

>

中国企業向の日本工場視察&不動産投資セミナー開催 「日本の技術・人材・不動産」への投資

世界第3位のスマホメーカーの中国・華為技術(ファーウェイ)が、千葉県船橋市の工場跡地に研究開発拠点を設けるという記事が公開されています。右肩上がりの成長を遂げる中国企業が、日本の優れた技術や人材に投資することが今後も増加する可能性が高いです。必然的に、日本の技術・人材はもちろんの事、工場・倉庫を購入することが予測されます。

2017.06.29|現場の話

>

パネリストとして登壇「ビル経営サミット in 東京」の様子

「多様性が求められる東京貸ビル市場、オーナーがとるべき次の一手」と題して開催された「第56回ビル経営サミット in 東京」において、僭越ながらパネリストとして登壇させて頂きました。その様子が、同じパネリストとしてご一緒させていただくことになった、今注目のビルオーナー様から公開されていました。

2017.06.20|現場の話

>

「第56回ビル経営サミット in 東京」パネリストとして登壇

先月27日に、「多様性が求められる東京貸ビル市場、オーナーがとるべき次の一手」と題して、「第56回ビル経営サミット in 東京」が日本橋で開催されました。僭越ながらパネリストとして登壇させて頂き、他のお若い方々3名とともにディスカッションを行いました。

2017.05.12|現場の話

>

[上海視察] 対外投資の規制強化で不動産など中国バブル再び

GWを利用して上海に行ってきました。7分強で上海市内の地下鉄駅と上海浦東国際空港を結ぶリニアモーターカー(正しくは「マグレブ(Maglev)」)に乗り、到着予定時間がカウントダウン表示される液晶テレビがホームにある地下鉄網で、上海浦東新区や、広大な上海新国際博覧中心で開催された展示会等を視察してきました。

2017.05.08|現場の話

>

約1年ぶりの取材をしていただきました『週刊ビル経営』

3月27日発行の『週刊ビル経営』に、ビルの経営について、弊社及び提携会社の記事を掲載していただきました。

2017.04.07|現場の話

>

投資用ビル・マンション一棟の価格がますます下落

不動産投資が専門の私たちの情報によると、ビル・賃貸マンション一棟の価格下落が続いています。決して不動産投資を煽るわけではありませんが現実です。

2016.12.20|現場の話

>

不動産のセカンドオピニオンの広告を郵便局に出すことが不許可に(苦笑)

これまで主に金融機関の融資担当者や中小企業経営者に行っていた「不動産のセカンドオピニオン」サービスを、一般の方向けにも開始しました。宣伝の為そのチラシを郵便局に置いてもらうように申請していたのですが、「不動産投資」の文言が入っているだけでNGになってしまいまいた。

2016.10.05|現場の話

>