ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

現場の話

「第56回ビル経営サミット in 東京」パネリストとして登壇

先月27日に、「多様性が求められる東京貸ビル市場、オーナーがとるべき次の一手」と題して、「第56回ビル経営サミット in 東京」が日本橋で開催されました。僭越ながらパネリストとして登壇させて頂き、他のお若い方々3名とともにディスカッションを行いました。

2017.05.12|現場の話

>

[上海視察] 対外投資の規制強化で不動産など中国バブル再び

GWを利用して上海に行ってきました。7分強で上海市内の地下鉄駅と上海浦東国際空港を結ぶリニアモーターカー(正しくは「マグレブ(Maglev)」)に乗り、到着予定時間がカウントダウン表示される液晶テレビがホームにある地下鉄網で、上海浦東新区や、広大な上海新国際博覧中心で開催された展示会等を視察してきました。

2017.05.08|現場の話

>

約1年ぶりの取材をしていただきました『週刊ビル経営』

3月27日発行の『週刊ビル経営』に、ビルの経営について、弊社及び提携会社の記事を掲載していただきました。

2017.04.07|現場の話

>

投資用ビル・マンション一棟の価格がますます下落

不動産投資が専門の私たちの情報によると、ビル・賃貸マンション一棟の価格下落が続いています。決して不動産投資を煽るわけではありませんが現実です。

2016.12.20|現場の話

>

不動産のセカンドオピニオンの広告を郵便局に出すことが不許可に(苦笑)

これまで主に金融機関の融資担当者や中小企業経営者に行っていた「不動産のセカンドオピニオン」サービスを、一般の方向けにも開始しました。宣伝の為そのチラシを郵便局に置いてもらうように申請していたのですが、「不動産投資」の文言が入っているだけでNGになってしまいまいた。

2016.10.05|現場の話

>

大型商業施設や大型賃貸住宅の転売が進む

賃料が高額な大型商業施設、100部屋以上の大型賃貸住宅の売買・転売が進んでいます。売主は、外資・上場企業の他、実質的に破綻していてサービサー主導の企業等さまざまです。買主は、不動産ファンドや上場企業、10億円超の融資を受けることができる医療法人や個人投資家など。地方銀行にとっては絶好の大型融資案件となっています。

2016.09.01|現場の話

>

取材されました:マイナス金利。投資家への影響のリアル『週刊ビル経営』

平成28年4月4日発行の『週刊ビル経営』に、マイナス金利と不動産投資の関係に関しての弊社のインタビュー記事が掲載されました。

2016.04.08|現場の話

>

金融機関の融資が厳しく。RC物件で表面利回り8%から10%へ

不動産投資に関して、長期間にわたって頻繁に金融機関(特に地方銀行)と話をしていると、微妙な融資条件・スタンスの変化を感じることがあります。ここ数か月で、ますます融資条件が厳しくなってきているように思います。

2015.08.29|現場の話

>

不動産投資は宝探し

不動産投資が専門事業である私たちの毎日は宝探しの日々といってもよいです。簡単には見つかりませんが、粘り強く探せばバブル的な市況であっても、良い物件と年に何度かは出会うことができるものです。

2015.06.30|現場の話

>

千葉県流山市が熱い!「東の二子玉川」流山市、転入超過数が千葉県第1位&全国10位

千葉県流山市の人口増加が堅調です。2014年に転入者から転出者を引いた数(転入超過数)が千葉県内第1位、全国では第10位となりました。約10年前に開通した「つくばエクスプレス(TX)」沿線で東京都心への通勤が便利になったことだけでなく、ターゲットを絞った大規模開発で子育てや日常生活が便利になり、ついに「東の二子玉川」と呼ばれるまでになりました。

2015.03.06|現場の話

>