ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

新着情報

REITに資金流入が加速も、過熱感のある不動産市況でくすぶる懸念

金融緩和やマイナス金利下でREITが人気を集めています。資金流入が加速する一方、過熱気味の不動産市況において先行きを懸念する声も聞かれています。

2016.2.26|不動産投資ニュース

>

1000ユーロから世界各地へ不動産投資 英国新興企業ブリックベスト

英国新興企業が、クラウドファンディングにより世界中の大規模商業用不動産等に1000ユーロからの投資を可能にしたとの記事が公開されています。日本でも一万円から不動産投資ができるビジネスも存在しています。今後リート(REIT)や、従来型の知人や投資家から資金を集める手法と代わって、主流となる可能性があるでしょうか。 13万円あれば始められる不動産投資-「モノポリー」気分で個人も参加 個人が直接、商業用 ...

2016.2.23|不動産投資ニュース

>

マイナス金利&円高株安は不動産投資家にとって追い風

日本銀行によるマイナス金利により、不動産業界が一段と注目されています。貸し出す先に困った金融業界が、不動産市場に多額の融資マネーを投下するのではないかと目されているからです。その結果、不動産市場はバブルを迎えるのではないか、という記事が公開されています。

2016.2.16|不動産投資ニュース

>

芸能人の不動産投資の失敗事例

芸能人が不動産投資で成功している事例がある一方で、多額の借金を背負った失敗事例もあります。現在人気絶頂の方々や「歌う不動産王」の不動産投資の失敗事例です。

2016.2.9|コラム

>

マイナス金利は不動産投資家にメリット大

マイナス金利の導入で円安・株高への期待が高まりましたが、今のところは政策発表前の状況に戻りつつあります。それでも住宅ローンを検討中の方や不動産投資家にとっては、このマイナス金利政策で得をすることは事実です。

2016.2.5|不動産投資ニュース

>

不動産投資にブレーキ オイルファンドの撤退で不動産価格の急落リスク

ジョージ・ソロス氏は、現在の金融市場が2008年(リーマン・ショック)を思い起こさせると警告しています。主に東京都心におけるバブル的な不動産価格の急落リスクも指摘されています。日本のみならず世界経済、そして日本の不動産業界は大丈夫でしょうか?

2016.2.2|不動産投資ニュース

>

「景況見通しが一変、悲観が楽観を上回る」 不動産市況アンケート結果より

日本生命のシンクタンクであるニッセイ基礎研究所は、第12回不動産市況アンケートの結果を公開しました。 景況見通しが一変、悲観が楽観を上回る結果となりました。

2016.1.27|不動産投資ニュース

>

法律に違反した公務員の不動産投資

上司の許可なく人事院規則の基準を上回る賃貸収入を得て、兼業を禁止する地方公務員法に違反した佐賀県の消防副士長について報道されています。同消防署の他の職員も同様に問題を起こしていることが発覚したようです。地方公務員に限らず国家公務員を含めて、今後全国規模では他にも同様の不祥事が発生する可能性があります。

2016.1.22|不動産投資ニュース

>

現状はリーマンショックを思わせる

今年になってからの世界同時株安傾向は止まらない状況です。円高も進んでいます。既に現在の株式市場は2008年のリーマンショックを彷彿とさせるという記事や、2016年は世界経済が大混乱した2008年の再来になるのではないかという記事が公開されました。

2016.1.19|不動産投資ニュース

>

一大転機を逃さなかった中国不動産デベロッパー最大手会長

戦後初めて日経平均が年初から6営業日続落しました。そういった経済状況においても、中国不動産デベロッパー最大手グループはハリウッドの映画会社を約4000億円で買収し、同社の王健林会長はロンドンにある約136億円の家屋を現金で購入したそうです。

2016.1.15|不動産投資ニュース

>