ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

新着情報

不動産購入の際、営業担当者は敵か味方か?

不動産を購入する場合、営業担当者と一度は会うことになりますが、その現場営業担当者は敵なのか味方なのかという記事が公開されています。

2018.10.5|コラム

>

不動産投資の入門書を出版する会社が偽造したホームページで融資資料改ざん

不動産投資の入門書を複数出版する不動産業者が、スルガ銀行の不正問題が発覚した後も、三井住友やりそな、西武信金等の不動産投資向け融資で資料を改ざんし不正を続けていたとのことです。偽造したホームページにログインして、水増しした預金残高を見せるという手口まで使っていたようです。

2018.10.3|不動産投資ニュース

>

返済能力を超えた過剰な不動産融資を抑制 ダマされる人続出が背景

おいしい不動産情報を業者が独占する中、サラリーマン投資家が怪しい不動産投資話で多額の借金を抱えています。このような背景を踏まえて、金融庁が返済能力を超える過剰融資の抑制を開始しているようです。

2018.9.28|不動産投資ニュース

>

不動産業界に融資縮小の連鎖 スルガ銀行・TATERU問題の深い闇 

かぼちゃの馬車→スルガ銀行→TATERUと、不正な融資が発覚したことで、不動産融資引き締めの動きが広がっています。不動産業界からは「もう暴かないでくれ」という声も聞こえてくるようです。

2018.9.18|不動産投資ニュース

>

ビル経営に改革をもたらす「WeWork」に入居した3つの理由

WeWorkはフリーランスやスタートアップ企業だけではなく、アマゾンやマイクロソフトのような大手企業の入居も増えています。WeWorkの神宮前・原宿拠点「WeWork Iceberg(アイスバーグ)」に、実際に入居した記事を見てみましょう。

2018.9.14|不動産投資ニュース

>

着実に不動産投資で成功する道を歩み始める方法

不動産投資は融資が厳しくなった一棟物から、融資が承認されやすい区分マンションへと流れているようです。「TATERU」のような東証一部上場企業であっても不正をする時代です。怪しい業者に騙されず、不動産投資を成功させるためにはどうすればいいのでしょうか。

2018.9.11|コラム

>

やる気が世界最下位クラスの会社員が不動産投資を始めてもね

日本の会社員のやる気は世界最下位クラスらしいです。本業に期待できないからといって副業で不動産投資を始める方もいますが、今一度考え直してみることも重要です。

2018.9.7|コラム

>

週刊ビル経営インタビュー記事掲載『貸ビル街探訪Part 2』ービジネスインバウンド&「上野コアビル」

『週刊ビル経営8月27日号』「貸ビル街探訪 Part 2 :上野編」において、コメントを掲載していただきました。今回は観光資源に関する一般的なインバウントだけではなく、ビジネスインバウンドにもフォーカスした取材となりました。

2018.9.3|現場の話

>

不動産投資市場の二極化がしばらく続くか

融資の引き締めによる数千万〜数億円規模の不動産投資市場の減退ムードとは一線を画すように、今年第2四半期(4〜6月)の10億円以上の事業用不動産投資は活況です。

2018.8.29|不動産投資ニュース

>

国内不動産投資4~6月は5010億円で前年同期比7%増

不動産サービス業大手のCBRE社によると、今年4~6月の国内不動産投資額は 5010億円となり、 前年同期比7%増とのことです。国内REITや海外投資家等によるオフィスビル投資が大きく伸びているようです。

2018.8.25|不動産投資ニュース

>