ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

新着情報

収益物件コンサルティング|東京都駅前一等地の不動産売却

2014年前半、東京都某駅前の大型不動産を売却する支援をしました。売主様には、数億円の売却益(キャピタルゲイン)がもたらされたことから、大変喜んでいただくことができました。

2014.10.10|コンサル・投資実績

>

オンラインのみで契約可能? 不動産のネット取引解禁で不動産投資はどうなるか

実現に向けて進められつつあるネットのみでの不動産取引。良い部分悪い部分あると思いますが、今やネットで何でも買える時代。時間はかかるかもしれませんが、不動産のネット取引が可能になるのも時間の問題でしょう。これは不動産投資に関してはどういった意味を持つのでしょうか。

2014.10.7|コラム

>

不動産投資コンサルティングと陸上はラストスパートが大事です

私たちの不動産投資コンサルティング業務の大半は、数億〜数十億円規模の不動産購入や売却業務です。業務の完了に要する期間は早くて一ヶ月です。内容によっては、ご依頼後一年以上かかる場合もあります。

2014.10.3|現場の話

>

広がるかDIY賃貸住宅。借主費用負担でも自分好みの住空間を

入居者が自ら費用を負担して自分好みにリフォームするDIY賃貸住宅。主に個人住宅を貸し出す場合の空室対策目的で広がっていましたが、最近では賃貸マンション・アパートでもチラホラ出てきました。

2014.9.30|不動産投資ニュース

>

賃貸物件一棟への投資はもうダメ?空き家率が急上昇。2023年には空室率が21%になる?!

野村総合研究所が9月18日付で公表した、2018年および2023年の空き家率の2つのシナリオによると、最近の空き家率の増加スピードの鈍化傾向を延長した場合、2023年に空き家率13.7%。世帯数減少を考慮し、住宅の除却・減築が進まない場合、空き家率21.0%。さてどうしましょう。

2014.9.26|不動産投資ニュース

>

とうとう地価も上昇! 一段と売り優位な不動産市況ですが、実は買いもチャンスありなのです

9月18日に、平成26年都道府県地価調査(7月1日時点)が国土交通省より公表されました。不動産投資の視点で見ると、この不動産市況は、売り買いともに千載一遇のチャンスと言ってもよいです。

2014.9.24|不動産投資ニュース

>

収益物件コンサルティング|破綻ファンドの商業ビル一棟の購入支援

2013年に、破綻状態の不動産ファンド所有の商業ビル購入をお手伝いさせていただきました。表面利回り15%強でしたので、現在ではとても困難な高利回りです。もし、今転売すれば数億円の転売益(キャピタルゲイン)が可能な物件になりますね。

2014.9.19|コンサル・投資実績

>

不動産動向マンスリーレポート(国土交通省発表)/2014年8月

先日、国土交通省は、不動産ファンド(J−REIT)等に関する「不動産動向マンスリーレポート」を公開しました。その中には、今後の不動産売買価格の形成に影響を与える「不動産証券化市場の動向」、特に「J-REITの予想配当利回り」についても記載されています。

2014.9.16|不動産投資ニュース

>

「人に勧めるなら自分で投資すれば?」という、よく聞く話

投資の話になると、「儲かるなら自分でやればいいのに」という話になります。実際、株や先物に対しては私もそう思ってしまいます。自社投資も仲介業務も行う私たちが、何を基準に不動産を判断しているのかご説明いたします。

2014.9.12|コラム

>

代ゼミの跡地はどうなる? 会社経営者は本業に加え、不動産投資に手を出すべきか

経営者にとって、本業を強化し成長させていくことは当然のことだと思います。一方、その本業が良い方向にいかない場合、不動産業を新事業の一つととらえて不動産業に参入する企業もあります。私たちは中小企業経営者に、本業の助けとしての不動産投資を勧めています。

2014.9.8|不動産投資ニュース

>