ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

新着情報

オフィスビル、賃貸住宅の取引活発。路線価も3年連続上昇

国税庁は2日、相続税や贈与税の算定基準となる2018年分の路線価を発表しました。33年連続で日本一となった東京都中央区銀座5の「鳩居堂」前は、過去最高の1平方メートルあたり4432万円とのことです。

2018.7.3|不動産投資ニュース

>

WeWork、Airbnbの台頭で「不動産シェアリング」の先行きを読む

「不動産シェアリング」の大手企業の代表格といえば、WeWork、Airbnbが挙げられるのですが、それらの企業が、レガシー業界(従来の不動産業界)に勝てるのかという記事が公開されています。

2018.6.27|不動産投資ニュース

>

投資物件の外壁タイル落下したら

ビルの外壁タイルが剥がれ落ちて通行人に直撃。不動産投資した所有者にとっては、空室率や設備の問題よりも大問題です。

2018.6.22|コラム

>

米朝会談で盛り上る「北朝鮮を世界に誇れるリゾート大国に」

世界が見守った米朝首脳会談で、不動産王トランプ大統領と金委員長との間では世界に誇れるリゾート大国を目指すことで盛り上がったということです。

2018.6.20|不動産投資ニュース

>

危険なお金の使い方「高額な住宅ローン」

危険なお金の使い方で多いのが収入に見合わない住宅ローンとのことです。借金は決してダメなことではありませんが、身の丈に合っているかどうかが問題です。これは一棟物への不動産投資についても同様です。度を過ぎた見栄や欲望から破滅が始まります。

2018.6.15|コラム

>

不動産投資家が「ワンルームを買ってはいけない」理由

ワンルームマンションへの不動産投資は多くの人が失敗します。特に、新築ワンルーム投資は、業界インサイダーから見れば「あり得ない」のですが、お医者さんなどの優秀な方が買ってしまうのです。

2018.6.12|コラム

>

新築の超高級マンション「投げ売り」の始まり

超高級マンションの投げ売りが始まり、ババ抜き合戦が行われています。都心の物件価格が下がれば、郊外の物件価格も下がる可能性があり「不動産崩壊の序曲が聞こえる」と指摘されていますが、この話は区分マンションの話に限らず一棟物でも同様です。

2018.6.8|不動産投資ニュース

>

かぼちゃの馬車問題で考える「騙された原因」

シェアハウス「かぼちゃの馬車」事件で、中堅サラリーマン、看護師、元プロスポーツ選手等、多くの方々が借金に苦しんでいるようです。事の本質は事業者側も投資家側も「サブリース」事業に対する甘えがあったと指摘している記事を見てみることにします。

2018.6.5|コラム

>

ビル経営研究所主催「ビル経営アワード」にノミネートしていただきました

ビル経営研究所が主催する「第4回ビル経営アワード」にノミネートしていただきました。このアワードはノミネートされたビルオーナーの思いやこだわりを多くの方に知ってもらうことが目的とのことです。

2018.6.1|現場の話

>

三菱地所が2500億円の米国不動産投資ファンド組成

海外不動産投資を拡大する三菱地所は、アメリカのオフィスビルなどが対象の2500億円規模のファンドを組成し、賃料や手数料で収益確保を狙うということです。三菱地所はすでに米国と欧州、アジアで投資を展開しており、今回のファンドもこの枠組みに入れ、現在の3兆円規模の資産を5兆円まで拡大させる意向のようです。   三菱地所は米国不動産投資を拡大、2500億円規模のファンド組成 海外不動産投資を拡大 ...

2018.5.29|不動産投資ニュース

>