ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

新着情報

ペントハウスに261億円! 住宅売買の全米記録更新

シタデル創業者グリフィン氏は、米国史上最高の2億3800万ドル(約261億円)で、マンハッタンのペントハウスを購入するようです。数日前、同氏が約9500万ポンド(約134億円)するロンドンの高級住宅を購入したというニュースも流れていました。ビリオネアの不動産投資の実例を見てみましょう。

2019.1.29|不動産投資ニュース

>

住宅ローンの不正利用

融資資料改ざん、年収水増しについての記事が、日経の会員登録(登録は無料)記事にて掲載されていました。「不動産投資」目的にもかかわらず、「居住用」として住宅ローンを組む不正が横行していた疑いも浮上しています。

2019.1.22|不動産投資ニュース

>

年金基金は海外不動産、機関投資家は国内不動産を引続き重視

三井住友トラスト基礎研究所が2018年10月~11月にかけて年金基金や機関投資家等へ行った不動産投資に関する調査結果によると、全般的には不動産投資に対する姿勢がやや積極化しているとのことです。

2019.1.15|不動産投資ニュース

>

改ざん350件「TATERU」

東証1部上場「TATERU(旧社名:インベスターズクラウド」で、不動産融資に絡み不正が横行していた実態は、かぼちゃの馬車・スルガ銀行問題と同様かなり深刻のようです。

2019.1.4|不動産投資ニュース

>

個人の不動産投資の潮目が変わった2018年、飛び込んでくる儲け話は存在しない

2018年は、かぼちゃの馬車・スルガ銀行等の問題により融資が厳格化され、個人投資家の不動産投資の潮目が大きく変わりました。不動産投資業界において数多くの会員とブログ読者を持ち、以前から不動産業界の問題をしっかりと指摘しておられた著名人の対談記事を引用させていただきます。

2018.12.25|コラム

>

「今後1年間の新規不動産投資を積極的に行う」の回答が9割

日本不動産研究所が投資銀行や商業銀行、年金基金、生命保険等197社へアンケート調査を実施した結果、今後1年間の新規不動産投資を積極的に行うとの回答が90%を占めたようです。

2018.12.11|不動産投資ニュース

>

「高輪ゲートウェイ」 品川がアジア不動産投資市場の核に

山手線・京浜東北線「品川〜田町駅」間に建設中の駅が、「高輪ゲートウェイ」と発表されました。隈研吾氏がデザインを担当したとのことです。2027年「品川〜名古屋駅」のリニア中央新幹線の開業もあり、品川エリアは、アジア不動産投資市場の核になるかもしれません。

2018.12.5|不動産投資ニュース

>

野村不動産 M&Aした旧東芝系不動産会社の資産を活用してホテル新規参入

野村不動産は、グループ会社の野村不動産ホテルズを通じてホテル事業に参入しました。第1弾は東京・東上野です。NREG東芝不動産が所有する不動産の建て替えプロジェクトの一つです。弊社の近くということもあり、私たちも建設中から注目していました。

2018.11.27|不動産投資ニュース

>

不動産業界でも高額な脱税や売買契約金額上乗せ等の不正横行か

日産のように絶対的な権力を持つ経営者が、家族旅行や自宅不動産の費用を会社に負担させるなど、会社を私物化し、罪の意識なく脱税や書類改ざんを犯すという問題は、規模は違えど不動産投資業界でも次々と発覚しています。

2018.11.21|不動産投資ニュース

>

上場地銀80社の約7割が中間決算で減益

上場している地方銀行80社の7割が9月の中間決算で減益とのことです。赤字はスルガ銀行のみでした。

2018.11.16|不動産投資ニュース

>