ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

新着情報

アパホテルも被害に、不動産詐欺

不動産を購入するために大金を振り込んだものの、その大金が闇に消えてしまい所有権を得ることができなくなったという事件が頻繁に発生していて、有名なアパホテルも被害にあったという記事が公開されています。

2016.11.4|不動産投資ニュース

>

自己破産者が急増の不動産投資 マイナス金利で日本は「空き家だらけ」に

アベノミクスが始まって以来、その理論的支柱であるクルーグマンの理論が間違っているといろいろなところで指摘してきた専門家の記事が掲載されています。そのクルーグマンはすでに自説の誤りを認めるようになっており、2015年の秋頃には「日銀の金融政策は失敗するかもしれない」と発言を修正したのに加え、2016年に入ってからは「金融政策ではほとんど効果が認められない」と自説を否定するような発言にまで踏み込んでい ...

2016.11.1|不動産投資ニュース

>

民泊ビジネス。マンションに民泊の可否明示促す

政府は、マンションなどの空き部屋に旅行客を泊める「民泊」の宿泊日数を、現在の最低6泊7日から、2泊3日に緩和する政令を閣議決定しました。そうした状況下、マンションに民泊の可否明示促すことを決定したとのことです。

2016.10.28|不動産投資ニュース

>

「国内不動産市場に注意すべき動き」日銀金融システムレポート(2016年10月号)

日銀は、10月24日金融システムレポートを公開しました。マイナス金利政策のもと、不動産業向け貸し出しが一段と伸びていることについて注意が必要であるという報告書です。一方で不動産市場そのものの活力が失われていると指摘する専門家の意見も公開されています。

2016.10.26|不動産投資ニュース

>

お気の毒な江東区 豊洲エリア

豊洲(江東区)の土壌汚染問題は、さらに豊洲市場の建物の地下空間で都が採取した大気から国の指針値の最大7倍の水銀が検出されたという問題に拡大する状況です。短期間で創られた豊洲ブランドはどうなるのでしょう。

2016.10.21|不動産投資ニュース

>

超低金利の時代に潜む不動産投資の甘い罠

不動産投資で資産形成が簡単に出来るという勧誘が目立ちます。超低金利の時代、独身女性やお医者さんなどがターゲットになりやすいという、悪徳商法に詳しい法曹関係者からのコメントなどについて見てみましょう。

2016.10.19|不動産投資ニュース

>

不動産大手企業6社が運営する不動産売却ポータルサイト

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットの6社が参加する不動産売却ポータルサイトが開設されました。

2016.10.12|不動産投資ニュース

>

不動産のセカンドオピニオンの広告を郵便局に出すことが不許可に(苦笑)

これまで主に金融機関の融資担当者や中小企業経営者に行っていた「不動産のセカンドオピニオン」サービスを、一般の方向けにも開始しました。宣伝の為そのチラシを郵便局に置いてもらうように申請していたのですが、「不動産投資」の文言が入っているだけでNGになってしまいまいた。

2016.10.5|現場の話

>

圧縮記帳の経理処理 物件を売却して多額の譲渡益が発生した場合

不動産の売却時に多額の譲渡益が発生した場合、高額な税金を負担することになります。その場合、特定資産の買換えの圧縮記帳の適用を受けることを検討する場合があります。

2016.9.30|コラム

>

融資を受ける手法の問題

通常の何倍もの融資を受けることを目的として、物件ごとに法人を設立しようと考えている人がいるようです。住宅ローンで収益物件を購入したことが判明した記事も併せて見ていきましょう。

2016.9.23|不動産投資ニュース

>