ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

弊社インタビュー記事「コロナ下の不動産売買動向」(週刊ビル経営)

2020.7.5|現場の話

『週刊ビル経営6月29日号』「コロナ下の不動産売買動向」特集に、弊社インタビュー記事が掲載されました。コロナ禍において今後の不動産売買価格が下落傾向になる中、低金利を背景に旺盛な投資需要が売買市場を下支えしていることについて取材して頂きました。

掲載された記事の一部を引用させて頂きます。

千葉県松戸市と都内で不動産賃貸業を展開し、売買仲介も手掛けるコーヨー(千葉県松戸市)東京支店長の中島賢氏は「キャッシュリッチの層にとっては好機となっているかもしれません」と話す。ある金融機関系の不動産販売会社からも「影響はない、むしろ活発に動いている」という声があるという。

マーケットのなかで主となって動いているプレイヤーがキャッシュリッチの層だ。このなかにはもちろん個人の富裕層もいるが、これまで堅実に経営して内部留保を貯めてきた企業も含まれる。継続する日本の金利環境も彼らの行動を後押しする。

経済危機の際は、リーマンショック後のように所有不動産を売却したい方が増加し、それを買う資金力やスピード感のある買主が存在します。しかし一部売り急ぐような案件も見られますが、空前の低金利を背景に、コロナの被害を受けないキャッシュリッチ層の投資家の需要に下支えされて不動産価格はまだ一定の水準を保っています。

 

本業低迷時、不動産収益は経営の「岩盤に」

今回のコロナ問題により、見た目が派手だったり順調にみえるような企業やお店が、実は経営的にはとても脆弱であったことが露呈しました。インタビュー記事の続きです。

実需にも対応できる収益不動産、という位置づけだ。特に企業であれば、本業が低迷した時でも不動産で収益があれば、経営の「岩盤」にもなってくる。コロナ禍が襲っても、引き続き妙味のある資産には変わりがないようだ。

また中島氏は国内だけでなく、海外からの投資も「旺盛」だと指摘する。たとえば中国の企業経営者などは引き続き、日本を魅力的な投資先とみている。「最近でもニセコの開発に韓国の財閥企業が乗り出したという報道がなされていましたが、このような観光含めて投資の動きはむしろ加速しているのではないでしょうか」(中島氏)。

私たちのお客様の中でもコロナ問題により経営的に打撃を受けている経営者がいますが、今回のように本業が低迷した場合の備えとして複数のビルに投資していた為、安定した賃貸収入を得ている方もいます。「備えあれば憂いなし」がいかに重要であることが示されました。今一度、中小企業経営者は、煽るつもりはありませんが、会社や従業員、そして経営者ご自身のためにも、保有するキャッシュや信用に基づく借入金等の経営資源を生かした不動産投資をご検討頂きたいと願います。

 

海外投資家の積極的な不動産投資の姿勢

海外投資家、特に中国投資家の積極的な不動産投資の姿勢については、昨今、

中国マネー、再び海外不動産へ

今後ますます中国の投資マネーが、世界の中でも利回りが高く、リスクが低い日本の不動産投資に向かう可能性があります。

東京五輪の時期を目指した転売目的のタワーマンション投資とは異なり、手持ち資金に対する政府の規制リスクを回避することが目的で、安定した利回りを目的とした投資が増えていくように思います。

具体的には、一棟賃貸マンションやビルへの投資が想定されます。新型コロナ問題で日本の実体経済は相当病んでしまいましたのでビルの価格は下落傾向にあり、希少価値の物件情報が出てくると思います。

という記事で述べている通りです。東南アジア等他のアジア系不動産投資家も、日本の不動産投資については積極的です。

 

ウィルスや大地震のBCP対策で郊外に規模の大きめの不動産投資

コロナとタイミングが重なってしまいましたが、弊社はバブル期に開発・分譲された「ワンハンドレッドヒルズ」の物件を購入しました。高級住宅地にある有料道路の料金所のような管理ゲート付で、ビバリーヒルズを模倣した超高額な分譲住宅が千葉県に必要なのか正直疑問であったことから、やゆして「チバリーヒルズ」という別称で呼ばれることもあります(苦笑)

ワンハンドレッドヒルズ

ワンハンドレッドヒルズ(One Hundred Hills)は、千葉県千葉市緑区あすみが丘六丁目で東急不動産が開発・分譲した宅地の名称である。1989年(平成元年)に分譲開始された。

実際にご覧頂ければお分かりになりますが、「ワンハンドレッドヒルズ」の物件は、敷地がとても広く建物も比較的堅固です。今後も発生しうる多種多様なウィルス問題や大地震に備えた弊社BCPや、福利厚生に寄与する物件だと考えています。今後、リモートワークの拠点の一つとしても考えています。また、アジア系海外投資家も、この「ワンハンドレッドヒルズ」の費用対効果面の魅力を知って購入している話も聞きました。

 

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ