ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

弊社インタビュー記事「なぜ日本不動産人気?アジア系投資家の目線」(週刊ビル経営)

2021.9.24|現場の話

『週刊ビル経営9月20日号』の特集記事において、中華圏最大級の、日本の不動産への投資プラットフォーム運営会社の代表者様とともに、取材記事が掲載されました。

【今週号の最終面特集】なぜ日本不動産人気?アジア系投資家の目線

コーヨー(千葉県松戸市)は不動産仲介や管理などを行うとともに、自社でも松戸市・東京都台東区で不動産賃貸業を行っている。海外投資家向けの不動産コンサルティングも行っていて、アジア系投資家、中華系投資家の動向にも詳しい。
(中略)中華系ならびにアジア系の投資家からの日本不動産への需要は増しています。投資目的であることはもちろんですが、実需用としても強いニーズがあります。ただし商習慣や文化の違いなどから、購入後の仲介や管理、さらにはその後の売却や更なる購入についてはサポートを強化していくことが必要だと思います。様々な投資家などとコミュニケーションをとっておりますと、中華系の投資家を専門に管理している会社などは非常に少なく、投資家側が苦労しているケースが多いと聞きます。今後より日本不動産への投資を促していくうえではこのような課題を解決していくことは必要です。またそのような課題を解決するソリューションを展開する企業への需要が増えてくることも予想します。

日本の不動産に投資するアジア系、特に中華系投資家様の動向について、『週刊ビル経営』より長時間にわたり取材して頂き、誠にありがとうございました。言語や商習慣の違いは、日本の不動産に投資する時点だけではなく、その後の管理や出口戦略(売却)にも大きく影響を与えている実態についてお纏め頂けたこと、本当に感謝しております。

なお、この記事に掲載されている「神居秒算」様の親会社は、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)様で、不動産テック業界の先駆者的な会社の一社です。「神居秒算」様とGA technologies様における、今後のますますのご活躍を心よりお祈りしております。

 

この記事が参考になったら、下のボタンクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ