ESTATE BOOKS

 

中小企業経営者・投資家の為の不動産情報サイト ESTATE BOOKS

新着情報

自己破産者が急増の不動産投資 マイナス金利で日本は「空き家だらけ」に

アベノミクスが始まって以来、その理論的支柱であるクルーグマンの理論が間違っているといろいろなところで指摘してきた専門家の記事が掲載されています。そのクルーグマンはすでに自説の誤りを認めるようになっており、2015年の秋頃には「日銀の金融政策は失敗するかもしれない」と発言を修正したのに加え、2016年に入ってからは「金融政策ではほとんど効果が認められない」と自説を否定するような発言にまで踏み込んでい ...

2016.11.1|不動産投資ニュース

>

民泊ビジネス。マンションに民泊の可否明示促す

政府は、マンションなどの空き部屋に旅行客を泊める「民泊」の宿泊日数を、現在の最低6泊7日から、2泊3日に緩和する政令を閣議決定しました。そうした状況下、マンションに民泊の可否明示促すことを決定したとのことです。

2016.10.28|不動産投資ニュース

>

「国内不動産市場に注意すべき動き」日銀金融システムレポート(2016年10月号)

日銀は、10月24日金融システムレポートを公開しました。マイナス金利政策のもと、不動産業向け貸し出しが一段と伸びていることについて注意が必要であるという報告書です。一方で不動産市場そのものの活力が失われていると指摘する専門家の意見も公開されています。

2016.10.26|不動産投資ニュース

>

不動産大手企業6社が運営する不動産売却ポータルサイト

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットの6社が参加する不動産売却ポータルサイトが開設されました。

2016.10.12|不動産投資ニュース

>

圧縮記帳の経理処理 物件を売却して多額の譲渡益が発生した場合

不動産の売却時に多額の譲渡益が発生した場合、高額な税金を負担することになります。その場合、特定資産の買換えの圧縮記帳の適用を受けることを検討する場合があります。

2016.9.30|コラム

>

融資を受ける手法の問題

通常の何倍もの融資を受けることを目的として、物件ごとに法人を設立しようと考えている人がいるようです。住宅ローンで収益物件を購入したことが判明した記事も併せて見ていきましょう。

2016.9.23|不動産投資ニュース

>

副業的に個人が不動産投資する場合に設立する「法人向け融資」に問題発覚

副業でサラリーマンが不動産投資をする場合、一部の金融機関では無理のある融資審査の手法が行われて問題になっているようです。

2016.9.20|不動産投資ニュース

>

学校の先生が無断で副業&無許可の民泊で処分

旅館業法やマンション規約を無視した民泊の闇営業が各地で行われています。埼玉県の教育委員会は闇営業をしていた学校の先生を処分、今年7月にはJASDAQ上場会社まで書類送検されました。

2016.9.13|不動産投資ニュース

>

「怪しげな商売といえば、不動産と証券」 by 麻生太郎

麻生太郎副総理による証券・不動産業界に関するコメントが報道されています。主に昔話的なコメントのようですが、現代の不動産業界にも残念なことに当てはまると思います。不動産屋が怪しく感じる理由の記事についても、併せて見てみることにしましょう。

2016.9.8|コラム

>

不動産投資や住宅ローンに過去最大の融資

日本銀行によると、2016年3月末の時点における不動産業向け貸出金の残高は、1970年の統計開始以来最大となる67兆6991億円まで伸びているとのことです。50年ローンまで登場する市況です。本来ならば、審査で否決される案件にまで融資されていることは容易に想像がつきます。

2016.9.6|不動産投資ニュース

>